捨てるのではなくて活用する遺品整理

遺品整理でいろいろ困ったこと

遺品整理業者は遺族の心の負担や費用の負担を軽減してくれながら片付けを、手間を惜しまずリサイクル・リユースをしてくれます。
遺品整理でいろいろ困ったことのメイン画像

捨てるのではなくて活用する遺品整理

故人が残した遺産を遺族が整理することを遺品整理と言います。

最近はこの分野の専門家として遺品整理士が注目されています。

従来は一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者がやっていましたが、最近は遺品整理業者が出てきて仕分けをしてくれます。

自分たちで遺品整理ができればいいのですが、なかなか簡単ではないです。

今回は【捨てるのではなくて活用する遺品整理】について掘り起こしてみましょう。

□家電の処理は遺族に負担がかかる!

故人が利用していた家電がまだ使えても使い手がなければ場所もとりますから、処分するしかありません。

ですが家電リサイクル法があり、自分達が家電のリサイクルにかかる費用を負担しなければなりません。

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機などにかかります。

大きな金額になることもあります。

遺品整理業者の場合はリサイクル・リユースのネットワークを持っているので上手く買い取ってくれます。

□捨てるのではなくて活かそう!

遺品整理をしていると不要品が必ず出てきます。

全て廃棄処分にすれば簡単ですが、環境への負担や一般廃棄物として回収してもらう場合には、経済的な負担もあります。

遺品整理業者は遺族の心の負担や費用の負担を軽減してくれながら片付けをしてくれます。

手間を惜しまずリサイクル・リユースをしてくれます。

徹底的に細分化することでリサイクル率があがり、結果的に廃棄にかかる費用を削減することができます。

捨てるのではなくて活用する遺品整理をしてくれる業者を選びましょう。

Copyright http://www.weareokok.com/ All Rights Reserved.